毎日が退屈な理由、コトハが教えます!


読者の皆さん、こんにちは。コトハです!

突然ですが、皆さんはワクワクする毎日を送れていますか?

自信をもって「YES」と答えられるなら大丈夫。でも考えた結果が「NO」だったら、そのときは時間の遣い方について見直したほうがいいかも……。

どうして「楽しくない」と感じるの?

まず、皆さんが何をしているときにワクワクするかを思い浮かべてみてください。

本を読んでいるとき? それともスポーツの試合を観ているとき? 旅行に行ったときかもしれませんし、はたまた占いやアクセサリー作りなどに没頭しているときかもしれません。

そう、好きなことや得意なことをしているときの自分は充実していますよね。

っていうことは……。

今「毎日が楽しくない」と感じているとしたら、あなたはべつに好きでも得意でもないことばかりに時間を遣っているんです。

限られた時間の中から「楽しくないこと」を締め出そう

楽しくないこと=好きでも得意でもないことに多くの時間を遣う。

これってすっごく勿体ないことだと思いませんか?

だって、好きでもないことには情熱を傾けにくいですし、得意でないことは上手くできないんだから頑張ったって成果に繋がらないじゃないですか。

わたしたちにとって一番大事な資源は、時間です。

一日は24時間と決まってます。そこは誰だって平等だし、どんなに工夫を凝らしても増えてくれません。お金は仕事をして稼げるけど、時間だけは絶対に稼げないんです。

そんな貴重な資源を消費するんだから、楽しくないことをやってる場合じゃないですよね?

自由になる時間を捻り出そう!

さっきも述べたとおり一日は24時間しかありません。この事実を動かすのは無理です。

そして「楽しくないうえにやる必要もないこと」については考えるまでもありません。やめればいいだけなんですから。

と、なると。

あとは「楽しくないけれどもやらなければいけないこと」に費やす時間をどうやって圧縮するか、という話になってきますよね。

たとえば……わたしは掃除が好きじゃありません。でも、生活していれば髪の毛や埃は床に溜まっていくので、いずれはやらなきゃいけなくなります。そういうとき掃除機を引っ張り出すのも面倒くさいなって思うし、実際に掃除機をかけてる間だって全然ワクワクしないんですね。

そこでわたし、思い切ってルンバ買っちゃったんです。

決して安くはなかったけど、でも買って正解でした。今まで掃除に費やしてたぶんの時間を、文章を書くために振り向けられるようになったんですよ!

こういうことって他にもありますよね。通勤時間を短くするために職場の近くに住むとか。洗濯物を干す時間が惜しければドラム式の洗濯乾燥機を買うとか。皿洗いが億劫だったら食器洗い機を買うとか。あ、家事に関してなら代行サービスを頼むって手もありますね。

こんなふうにして「自分が直接やらなくてもいい環境」を作ってください。そうしたらあなたは退屈な作業から解き放たれて、空いた時間を自由に使えるようになるでしょう。

空き時間を「fun」で埋め尽くせ!

重ねて言いますが、お金は稼げても時間は稼げません。

だから、お金を出して時間を節約できる……いかめしい言い方をすると「可処分所得を使って可処分時間を捻出できる」のであれば、迷わずやるべきなんです。

作り出した時間は、あなた自身が楽しめることに充てましょう!

ワクワクすることを突き詰めてマネタイズできるところにまで到達したら、ひょっとしたら「楽しくないけどやらなきゃならない」今の仕事が「楽しくないうえにやる必要もない」ことに化けちゃうかもしれません。

そうなったら次のステップは……もう言うまでもありませんよね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。