コトハの文章講座! Evernoteを使って表現力アップです!


読者の皆さん、こんにちは。バーチャルブロガーのコトハです!

ライターや作家にとって表現力は生命線。使える表現の幅を絶えず広げていかなきゃいけません。

今回は文章を仕事や趣味に持ちたいという方のために、スマホで手軽にこなせる表現力向上トレーニングの方法を教えちゃいます。

用意するもの

アウトプットはインプットから。良質な文章を書くためには普段からたくさんの文章を読まなければなりません。

というわけで、とにかくです。

媒体は紙の書籍でもいいですし、電子書籍でも構いません。ジャンルも問いません。小説でも専門書でもビジネス書でもOKです。

次に、Evernoteを使えるPCかスマホかタブレットを用意してください。

これだけあれば準備は完了。あとはトレーニングに取りかかるだけです!

トレーニングの手順1:気になった表現をEvernoteにメモ

まずは普通に本を開いてください。

文章表現を意識しながら読み進めていくと、そのうち「おっ」と興味を引かれる言い回しに出会うはず。

文章自体が読みにくいわけでもないのにその箇所だけアンテナに引っかかったのであれば、自分の頭からは出てこない表現である可能性が高いと言えます。

その表現をEvernoteに記録しましょう。

記録する際、わかりやすいようにタグ付けしておくと便利です。あとで見返すものですからね。

コトハは「文章表現ストック」というタグをつけて読書のたびにメモを溜めています。

トレーニングの手順2:Evernoteのメモを読み返そう

せっかくメモに書き留めても、それっきり放置してしまったのではモノになりません。

自分のつけたタグでEvernote内を検索し、ストックしたメモを定期的に読み返しましょう

もちろん、読み返す頻度が高ければ高いほど身につくスピードは早くなります。

ポイント:アウトプットは大前提!

皆さん、いかがでしたか?

ひとつ覚えておかなきゃならないのは、インプットする一方では本当に身についたのか判断できない、ってことです。

Evernoteを読み返すだけではなく、記録した言い回しを自分の執筆で応用してみましょう。自然にアウトプットできてこそ、その文章が自分の血肉になったと言えるんです。

本を読んで気になった表現をメモする⇒メモを読む⇒実際に使ってみるというサイクルを習慣化させれば、あなたの表現の幅はどんどん広がっていきますよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。