複業の時代。自分のビジネスを持って収入を安定させましょう。


読者の皆さん、こんにちは。バーチャルブロガーのコトハです!

昨今、複業(パラレルワーク)という働き方が注目を集めています。サラリーマンとして働きながら、別の場所でも仕事をして収入を得る……というものですね。ソフトバンクが社員に副業を解禁したり、サイボウズが副業を推進していたりといったケースが有名どころでしょう。

こうした企業の試みを耳にした方の中には、ひょっとしたら「いや、そこまでして働きたくないよ」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。なにも「2つ以上の会社に勤める」だけが複業の形とは限りませんよ。あなた自身のビジネスを始めてしまえばいいんです!

会社に頼るのは危険。収入のポートフォリオを組もう

そもそもの話として、もし今あなたの収入源が会社からの給料のみであるなら、それは危険な状態であると自覚すべきです。

特に、従業員持株会に入って自分の勤める会社の株式を積み立てている場合は最悪ですね。

何故かと言えば、会社が傾いたときのリスクが高すぎるからです。給料が減り、株価も低迷なんてことになれば目も当てられませんよね。

一社からの収入に頼っているというのは、投資で言うところの「卵を一つのカゴに盛っている」状態といっしょ。カゴがひっくり返ってしまったら全てがダメになってしまうんです。

では、どうやって見直したらいいのか。

ここでも投資の考え方が役に立ちます。投資の世界ではリスクヘッジを図る際、資金を複数の銘柄に分散させますよね。これと同じ考え方をしましょう。

つまり、複数の収入源を確保することで、たとえ一つがダメになっても他でカバーできる状態にしておくわけです。

会社勤めなら安定、大企業なら、正社員なら……どれも幻想でしかありません。本当に安定が欲しいのであれば、収入源のポートフォリオをバランスよく組むことがベスト。会社のためでも社会のためでもなく、自分自身のためにレッツ複業です!

自分の「好き」をビジネスにしよう!

とはいえ現実問題、労働で疲れた後にまた別の仕事をするのは難しいですよね。

そんなときは、自分の趣味から収入を得ることができないか検討してみましょう

趣味であるからには、マネタイズしようがしまいが、どのみちあなたは普段からそれをやっているわけです。だったらそこから収益を得るのが合理的ですよね。

文章を書くことが好きなら、noteで有料記事を書くとか。

絵を描くことが得意なら、pixivFANBOXに登録するとか。

ゲームに詳しければ、プレイ動画を作ってyoutubeの広告収入を狙うとか。

ハンドメイドにハマっているなら、BASEでネットショップを開いてもいいでしょう。

ここに挙げたのはほんの一例に過ぎません。21世紀に突入して久しい現在、ネットを回ってみれば収益を得られるプラットフォームはいくらでもありますし、今後も増えていくでしょう。自分に合ったサービスを探してみましょう。

迷ったらクラウドソーシングのサイトを覗こう

ネット上で仕事のマッチングを行うサービスといえば、ランサーズクラウドワークスに代表されるクラウドソーシングがありますね。

プラットフォーム選びに迷ったら、とりあえずこれらのサイト上で自分の得意を活かせる案件があるかどうか検索してみましょう。ライターやイラストレーター、エンジニアであればまず間違いなく仕事が見つかるはずです。

まず始めてみて、仕事をこなしながら実績を積み上げていけば、しだいに高単価の案件も受けられるようになってきます。

受注や納品といった手続きがある程度システム化されているのもありがたいポイントですね。作業に集中できますから。自分のビジネスを育てる最初の一歩としてオススメできます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。