収入アップしたいなら残業ではなく副業をしましょう!


読者の皆さん、こんにちは。バーチャルブロガーのコトハです!

皆さんは時間を有効に使えていますか?

残業をせずにさっさと帰れば、空いた時間を使って記事の一本や二本は生産できるでしょうし、イラストや動画といったコンテンツ制作を進めることもできますよね。

でも、どうやらそんなふうに考えられない人もたくさんいらっしゃるみたいです……。

残業代欲しさに職場に居残る残念な人たち

昨日、こんなニュース記事が目に留まりました。

残業時間が「大きく減っている」、「多少は減っている」と答えた2862人のうち1100人を対象に、残業が減ったことによる「メリット」と「デメリット」について複数回答で答えてもらった。

(中略)

デメリットは「収入(残業代)が減って困っている」(44.4%)が断トツ1位。「業務に遅れが出ている(17.6%)」、「自分の残業が減った分、他に負担が出ている」といった「業務」に関連する項目はどれも20%を下回る結果となった。

――残業時間減っても喜べない皮肉 自由な時間は増えるけれど…|J-CASTニュース

…………。

いや、ちょっと何言ってるかわからないですね。

業務関係の数字がさほど伸びていないということは、多くの職場では残業がなくても仕事が回っているってことです。そんな中で「収入が減って困っている」と言われても、じゃあ今までは仕事もないのに残業代欲しさに居残ってたんですかって話になりませんかね。

そういう行為をどう評価するか。一般的には「給料泥棒」ってことになると思います。

これ言うと「基本給だけじゃ生活が苦しい」と返ってくるんですけど……いやいや、無駄に残業して会社の経営を圧迫するから基本給が上がらないんでしょ。自分の首絞めてんだってば。

収入が欲しければ価値を生み出すしかない

わたしが「収入源のポートフォリオを組め」と訴えているのは、要するに会社依存だとこういうことになるからなんですよ。

そもそも今まで残業代が出ていたのは、所定労働時間を超えて業務を行っていた(と、会社に考えられていた)からですよね。つまり、働いていた(と、会社に考えられていた)からです。

残業をやめることによって生じた空き時間で特に何もしていないんだったら、収入にならないのは当たり前。

副業として自分のビジネスを始めましょうね。

残業にはなく副業にはあるメリット

副業を始めることには、目先の残業代をせびっていては決して得られないメリットをあなたにもたらします。

なにしろ「自分のビジネス」ですから。手元に残るんですよね。

ブログを更新し続けてアフィリエイト収入を得れば、記事を書くスキルが身につきます。

イラストの仕事を請ければ、絵を描くスキルが身につきます。

動画を作れば編集スキルが手に入りますし、せどりで儲けていれば流行を掴む勘の鋭さや相場観が磨かれるでしょう。すべて自分の財産になるんですよ。

一方、残業して得られるスキルはありません

人間誰しも歳をとるわけで、いつまでも会社で働き続けることはできませんよね。健康寿命が延びてるうえに年金にも期待できない現代で、定年退職を迎えたとき、一人で稼げるスキルが手元に残ってないって恐怖じゃないですか?

勤め先に依存することはリスクが高い。だからわたしは、早いうちから副業として自分のビジネスを育てていくことを推奨しているんです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。