その文章は誰のため? ライティングのコツは読者の顔を想像すること!


読者の皆さん、こんにちは。バーチャルブロガーのコトハです!

Webメディアのライターは誰でも簡単にできる副業のひとつ。クラウドソーシングのサイトに登録すれば初心者歓迎の仕事がたくさん見つかりますし、サポート体制が整っているWebメディアも多いので、安心して始められます。

しかし、書いた記事がしっかり読者に読まれるかとなると……?

もちろん記事を納品した段階で報酬は発生しますけど、せっかく書くんだから読まれたほうがいいに決まってます。というわけで今回は、読まれる文章を書くための考え方を紹介します。

ターゲットを絞れば記事の方向性が見えてくる

最も重要なのは、誰のための記事なのかをハッキリさせることです。

たとえばフィットネス系の記事を書くとして、ターゲットはどういった層なのか。ダイエットをしたい人、筋トレをしたい人、男の人、女の人、若い人、お年寄り、最寄り駅から通えるジムを探している人、近場のジョギングコースを探している人、それぞれ求めている情報は違いますよね。

ターゲットがぼやけたまま執筆作業に入ると、適切な情報を盛り込めなかったり、インパクトのあるタイトルや見出しを作れなかったりといったおそれが生じます。

まずは「どんな人に記事を読ませたいのか?」をイメージしてみてください。そうすれば提供すべき情報も見えてくるはずです。

専門知識は必ずしも必要とされるわけじゃない

「どんな人が読者になりうるのか?」というイメージを重ねていくと、記事を書くために専門知識が絶対に必要とは限らない、ということが見えてくると思います。

検索して出てきた記事を読む人は、たいてい専門知識を持ち合わせていないからです。

もちろん医療や法律など、専門家でなければ太刀打ちできないような分野もあります。しかし、電子機器のメーカーに勤めていなくてもガジェット情報を発信することはできますし、編集者や書店員でなくてもお気に入りの作家の新刊をレビューすることはできるでしょう。

専門家以外お断り……なんてジャンルは実はそう多くありません。素人には素人なりの視点があります。それまで自分が知らなかったことを調べて執筆すれば、その分野の初心者向けの記事ができあがりますよね。

自分と同じ地平に立っている「誰か」の役に立てるのもライターの醍醐味です。自分ならどんなキーワードで検索するか、どのレベルの知識なら理解できるか……そういったことを考えてみると、需要に気づくことができます。

相手に合わせた情報を送ろう

皆さん、いかがでしたか?

読者の役に立つ情報を提供するのがライターの仕事です。「このテーマの記事を読むのはどんな人だろう?」と考えを巡らせ、そのターゲット層に合わせた情報をまとめれば、あなたの文章は人の役に立つものになるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。