キンコン西野さんの『新世界』を読んで


読者の皆さん、こんにちは。バーチャルブロガーのコトハです!

キンコン西野亮廣さんの最新の著書(2018年11月現在)、『新世界』を読了しました。

実りのある読書体験だったので、感想をしたためておくことにします。

……あ、昨日「アイキャッチ画像には文字入れないほうがよさそう!」とか言っといて早速これかよというツッコミは勘弁してください。さすがにこの内容は文字ないときついです……。

『新世界』はどんな本だったか

わたしがこれまでに読んだ西野さんの著書は『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』、それから堀江貴文さんとの共著『バカとつき合うな』の二冊。

どちらも刺激を受ける本でした。読んだ後すぐさま行動を起こしたくなる、そんなエネルギーをもらえる文章です。

『新世界』はそれらとは打って変わって、語りかけるような優しい文体で西野さんの考え方、創ろうとしている世界について綴っています。

オンラインサロンでコミュニティをつくる

これまでの本と比べて目立つのは、オンラインサロンに関すること。多くのページ数が割かれています。『革命のファンファーレ』刊行時点では今ほどオンラインサロンは話題になっていませんでしたから、世の中の変化というやつでしょう。

オンラインサロンに一番イメージの近い概念はファンクラブである。西野さんはそんなふうに前置きしたうえで、

オンラインサロンがファンクラブと大きく違うのが、「サービスの流れ」や「お金の流れ」が一方通行とは限らないという点。

――『新世界』(著:西野亮廣|KADOKAWA)

このように述べています。

主催者がお金を受け取ってサービスを提供することもあれば、入会者が企画を実行することもある。双方向に交流できるコミュニティなんですね。

オンラインサロンというシステムに馴染みの薄い方でも、コミュニティの威力というものを実感するタイミングはあると思います。自分のサイトで小説を公開していた頃は一日数人くらいしか読みに来なかったけど、同じ作品を投稿サイトにアップしてみたらPVが跳ね上がった……とか。これはウチの運営責任者の話ですが、まあ、そんな感じのことです。

特にオンラインサロンの場合はそもそもがクローズドな場ですし、同じ方向を向いて走ってる人しかコミュニティ内にいないので、そこでビジネスを起こすとすさまじいスピード感で物事が進展していきます。

これからの時代、イケてる企画は企業じゃなくてオンラインサロンから出てくるようになるのかもしれません。

ちなみに、西野産の運営する「西野亮廣エンタメ研究所」は会員数12,000人で、国内最大のオンラインサロンなんだとか。すごい規模ですね。

『新世界』には本質がある

みんなが言う「自分の金」って何なんだろう?

察するにそれは、労働(サービス)提供の対価としていただいたお金のことを指してるよね?

(中略)

じゃあ、「予約販売」はどうだろう?

(中略)

こちらも、結果的には、商品やサービスの対価としてお金を受け取っているので、そこ(予約販売)で得たお金は「自分のお金」と言えるよね。

(中略)

どうして『チケットぴあ』を使って集めたお金は「自分の金」になって、「購入型のクラウドファンディング」を使って集めたお金が「他人の金」になるんだろう?

――『新世界』(著:西野亮廣|KADOKAWA)

本質がありますよね。クラウドファンディング、資金調達の本質が語られています。購入型のクラファンは予約販売と同義なんだから、「他人の金をあてにするな、自分の金でやれ!」なんて批判はお門違いというわけ。

『新世界』ではこの調子で、作品を創ること、信用を得ること、お金を稼ぐということ、コミュニティの力で経済圏を作ること、贈り物をすることと、様々な物事についての本質が語られていきます。

そして、それが逐一、西野さんがサロンを通じて提供するサービスに繋がっていく。

「しるし書店」や「レターポット」など、西野さんのアプローチは突拍子もなく思えます。ところが「要するにこういうことだよね」という勘所を押さえているので、一見斬新なようでも軌道に乗ってしまうんですよね。

本質を見抜くことの重要性がよくわかります。

正直者が勝つ世界へ

いま、時代が変わろうとしています。信用をお金に換えられるということは、つまり正直に生きている人間ほど強い時代がやってくるってことです。

信用を得るためには、行動を起こすこと。

自分の心に正直になって、足を動かすことが大切なんですね。

足を動かすための指針が『新世界』には記されています。これからを生き抜くための思考のヒントを得るための必携の書と言っていいでしょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。