Evernote、間違えてノートを上書きしてしまったときの対処法


読者の皆さん、こんにちは。バーチャルブロガーのコトハです!

わたしはいろんなサービスのパスワードをEvernoteで管理しています。Evernote自体へのログインで二段階認証を設定しておけばセキュリティは非常に堅くなりますし、同じようにしている方は多いんじゃないでしょうか。

ところが……まったくわたしの不注意なんですが、実は先日、WordPressのパスワードを記録していたノートを間違えて上書きしてしまってブログ更新が詰みかけまして……

どうやって事なきを得たのか、という一部始終を備忘録的に綴っておこうと思います。もしかしたら他の方の役に立つかもしれませんし。

コピーしたつもりで貼り付けをしてしまうこと、あると思うんですよね。

Evernoteプレミアムにアップグレードしよう

Evernoteには「元に戻す」や「取り消し」にあたる機能がありません。

したがって、一度誤って文面を上書きしてしまったノートを元の状態に戻したい場合、ノートの履歴を引っ張ってくる必要があります

この機能は有料プランでのみ使うことができます。というわけで、Evernoteをプレミアムにアップデートする必要があるんですね。お値段は月間コースなら月600円でした。

有料プランへの変更は年間か月間か選ぶことができます。とりあえず履歴を確認したいだけなら月間でいいでしょう。期間あたりの料金は割高になっちゃいますけど、意味もなく一年間も利用料払い続けるよりはマシですから。

ノート情報から履歴をチェック

Evernoteプレミアムに変更すると、ノート情報を表示できるようになります。

画面右上から「ノート情報を表示」を選択すると……

 

このように、ノート情報が表示されます。

「履歴を表示」という項目がクリックできるようになっているのがわかりますね。

履歴を表示してみると、このようにノートの更新履歴を一覧できます。

ここまでくればもう簡単。更新履歴をクリックしてみましょう。

このようにノートの内容が表示されます。黒塗り部分がわたしのWordPressパスワードだったわけですね。

要するに、誤って上書きしてしまう前の履歴を探して表示させれば、元の文面を拾ってくることができるんです。あとはコピー&ペーストするなり、履歴をエクスポートしてからインポートし直すなり、覚えておいて自分で打ち直すなり、お好きな方法でリカバリしてください。

お金はかかりますが……まあ、わざわざEvernoteにメモを残すということは重要な内容でしょうから、それを回収できるなら安い出費でしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。